卒業式の袴ってそもそもどんなもの?

卒業式の定番スタイルと言えば袴。

そんなイメージをもっている人は、老若男女問わず多いと思います。

卒業式シーズンになるとあちこちでレンタルの広告を見るようになりますし、街中でも袴を着て電車に乗っている女性が多く、「卒業式かな?」

と無条件に思ってしまいます。

それだけ一般的になっているのですが、どのような物かご存知ですか?

「袴」

とは着物の上に着る物を指し、腰から下を覆うような形をしています。

形のイメージとしてはゆったりしたパンツといったところでしょうか。

レンタルの広告やカタログを見ていると女性物しかないようですが、袴は男性用も女性用もあります。

ですから、女性だけが着る物というわけではありません。

また、私たちは卒業式や成人式くらいでしか見かけませんが、形状によって分かれているそうです。

弓道や剣道、合気道な武術を行う時に着用しているタイプもあるとか。

色々あるのですね。

最近はごく限られた時にしか着る機会がありませんが、せっかくその機会に当たった時には、少し調べてみると良いかもしれません。

卒業式では袴をレンタルして着る人が多いですが、中には振袖で出席する人もいます。

成人式の時には振袖の人も多く見かけますよね。

レンタルのカタログの中にも見かけることがあります。

日本で和装というと、このどちらかを思い浮かべるという人は多いのではないでしょうか。

ここで、振袖について調べてみました。

知っている人も多いと思いますが、振袖は未婚女性の第一礼装、最もフォーマルな和装とされています。

一番の特徴は、袖の丈が長いということです。

振袖は格が高いほうから順番に、大振袖、中振袖、小袖の3種類に分けられます。

私たちが「振袖」

と単純に呼んでいるものは、中振袖に当たるそうで、主に成人式で着ているものだそうです。

ちなみに、大振袖は花嫁が着るもの、小袖は卒業式などに着るものとされているそうです。

袴には男性用がありますが、振袖には男性用はありません。

そのため、今ではすっかり女性の物と思われていますが、昔は男性が着ていたこともあるのだとか。

ちょっと想像がつかないですが、使われ方も時代と共に変わってきたのですね。